2010年04月21日

普天間、首相責任論を懸念=社民幹事長(時事通信)

 社民党の重野安正幹事長は15日の記者会見で、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場の移設問題を5月末までに決着させると繰り返していることについて、「どういう勝算を持って言っているのか分からないが、言えば言うほど、そうならなかったときにどうするかという度合いが強くなる」と述べ、首相の責任論に発展しかねないとの懸念を示した。
 重野氏は「(政府が移設先として検討している)沖縄や徳之島では、ますます反対運動が激しくなっている。5月末までに結論を出すことは日を追って難しくなっている」と指摘した。 

ニュージーランド人教師交流 日本語熱冷める 予算削減、最後の研修?(産経新聞)
1歳男児が虐待死か 堺で頭に内出血・腸管破裂の症状(産経新聞)
向精神薬不正入手、07年からネット販売(読売新聞)
奈良公園のシカ殺害、30代男きょうにも強制捜査(産経新聞)
「ママ、シャボン玉お願い! 」=自由研究、宇宙に託す−長女優希ちゃん(時事通信)
posted by マサキ ヨシハル at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。