2010年02月04日

百貨店の井筒屋、暴力団会合に1万円弁当(読売新聞)

 百貨店「井筒屋」(本社・北九州市)が昨年12月、指定暴力団工藤会(本部・同市)に1個1万円相当の弁当数百個を販売していたことが分かった。

 福岡県警によると、違法性はないが、4月に施行される県暴力団排除条例で禁じられる「暴力団活動の助長」に該当する可能性がある。県警は今月中旬、取引をやめるよう注意したという。

 県警によると、弁当は工藤会が昨年12月13日、本部事務所で行った「事始め式」で数百人の組員らに配られた。幹部の威光を組員に示す目的があったとみられる。

 同条例は「事業者は暴力団活動を助長し、または暴力団の運営に資することになる利益の供与をしてはならない」と定めている。事始め式への弁当販売はこれに該当する可能性がある。

 同社は販売後、違法性があるかどうかを県警に相談。県警は「条例施行前なので条例適用にはならないが好ましくない」と回答し、工藤会との取引をやめるよう注意した。

 井筒屋の中村真人(まこと)社長(66)は2003年7月から09年7月まで県公安委員、07年7月から08年7月まで同委員長を務めていた。

 同社の井口誠・コンプライアンス部長は「工藤会に弁当を販売したことは間違いない」と認めた上で、「今後、工藤会側から商取引を持ちかけられた場合は県警に相談のうえ社内で検討する」と述べた。

<米アカデミー賞>「ポニョ」「ATOM」ノミネートされず(毎日新聞)
普天間移設「冷静に見守って」「すべてが今、ゼロベース」 首相(産経新聞)
首相“5月退陣”駆けめぐる 「普天間がだめ押しに」(産経新聞)
57歳中学教諭、校名シール付いた備品を質屋に入れ御用(スポーツ報知)
<糖尿病>中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」(毎日新聞)
posted by マサキ ヨシハル at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南京事件の犠牲者、隔たり埋まらず…日中共同研究(読売新聞)

 日中両国の有識者による「日中歴史共同研究委員会」(日本側座長=北岡伸一・東大教授)は31日、報告書を発表した。

 焦点となった近現代史では「南京事件」(1937年)の犠牲者数を日本側が「20万人を上限」、中国側は「30万人余り」とするなど戦前期を中心に歴史認識の隔たりは埋まらなかった。

 第2次世界大戦が終結した1945年以降の現代史は中国側の要請で公表を見送った。委員会は今後、委員を入れ替えて第2期の研究に着手する見通しだが、両国の政治体制の違いもあり、作業は難航が予想される。

 報告書は約550ページ。「総論」のほか、「古代・中近世史」と明治維新前後〜45年までの「近現代史」を対象とした「各論」で構成し、双方の委員の署名論文計24本を掲載した。

 旧日本軍による中国国民政府の首都・南京攻略時に起きた南京事件について、日本側は「日本軍による集団的、個別的な虐殺事件が発生し、強姦(ごうかん)、略奪や放火も頻発した」と認定した。ただ、犠牲者数は「20万人を上限として4万人、2万人など様々な推計がなされている」と指摘。「副次的要因」として中国軍の民衆保護策の欠如なども挙げた。

 これに対し、中国側は「中国軍人が集団的に虐殺された」と強調。犠牲者数は中国政府の見解を踏襲し、「30万人余り」とした。

 満州事変については中国側が「侵略」と断じた。日本側はきっかけとなった南満州鉄道(満鉄)爆破事件(31年)を関東軍の「謀略」と明記したが、積極的侵略性はなかったとした。日中戦争では、日本側が発端となった盧溝橋事件(37年)を「偶発的」としながらも、「原因の大半は日本側が作り出した」と責任を認めた。中国側は「全面的な侵略戦争」とした。

 一方、文化大革命(66〜76年)などを含む45年以降については、中国の現政権批判に直結しかねないこともあり、中国側が公表見送りを強く求めた。

 委員会は2006年10月の日中首脳会談で設立に合意した。昨年12月、4回目となる最終会合で報告書が了承されたが、「総論」だけが公表されていた。

09年度2次補正、28日成立へ(時事通信)
<鳩山首相>普天間継続使用を否定(毎日新聞)
<朝青龍関>警視庁に「示談」報告…暴行問題(毎日新聞)
子ども手当は満額支給、官房長官が強調(読売新聞)
<公選法違反>後藤衆院議員の出納責任者が控訴(毎日新聞)
posted by マサキ ヨシハル at 02:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。