2010年01月26日

2月にセミナー「本気の子宮頸がん検診フロンティア」(医療介護CBニュース)

 NPO法人子宮頸がんを考える市民の会と社団法人日本助産師会、日本細胞診断学推進協会細胞検査士会は2月4日、医師、助産師、看護師、保健師、細胞検査士、メディア関係者など、仕事として子宮頸がんの予防・啓発にかかわっている人たちなどを対象に、セミナー「本気の子宮頸がん検診フロンティア-検診率を上げ精度を守るために-」を開催する。

 セミナーは3部構成。第1部では「現状の認識」をテーマに、自治医大附属さいたま医療センター産婦人科の今野良教授、ダコ・ジャパンマーケティング部国際細胞検査士の田渕未里氏、子宮頸がんを考える市民の会の副理事長で細胞検査士の高山須実子氏が講演する。第2部では「子宮頸がん検診率上昇を目指して細胞検査士・助産師からのアプローチ」と題し、日本細胞診断学推進協会細胞検査士会の小林忠男会長、日本助産師会の加藤尚美会長が講演。第3部では「各方面からの見解」として、開業医、検診施設長、行政、政治家からの発言が予定されている。

 場所は東京都台東区の日本助産師会の会議室で、時間は午後3時から5時10分まで。希望者はメールで、件名を「本気の検診フロンティアセミナー参加希望」とし、氏名、所属、電話番号などを記入した上で、1月31日までにinfo@orangeclover.orgに申し込む。定員は先着60人。
 詳しいことは子宮頸がんを考える市民の会内の本気の検診フロンティア事務局、03(5821)2151。


【関連記事】
「がん対策」予算は79億円増の316億円
子宮頸がんワクチン、22日に発売―1000施設以上が採用の意向
女性がん検診事業、27市町村で未実施
子宮頸がん征圧「ゴール見えてきた」−専門家会議がワークショップ
子宮頸がんの「征圧」を目指して

被害額100億円下回る=検挙率は77%に急上昇−09年振り込め詐欺・警察庁(時事通信)
8割がネットで公開=学校法人の財務情報−文科省(時事通信)
トキ、本州側に飛来=2次放鳥では2羽目−新潟(時事通信)
自民・青木氏が出馬表明(時事通信)
高級ホテルもペットOK 「家族化」進み客層拡大(産経新聞)
posted by マサキ ヨシハル at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【足利再審】この日もテープ再生始まる 午後からは元検事尋問 第5回公判(産経新聞)

 平成2年に栃木県足利市で当時4歳の女児が殺害された「足利事件」の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれ、21日に引き続き、当時、別の女児殺害事件で菅家利和さん(63)を取り調べた録音テープが法廷で再生された。

 この日午前に再生されるテープは、平成4年12月8日のテープ約2時間分。「足利事件」とは別の女児殺害事件について、菅家さんが宇都宮地検の森川大司・元検事の取り調べを受けた際のもの。調べの過程で、「足利事件」に関して菅家さんがいったんは否認しながらも、自白に転じる部分が収録されている。

 21日に再生された同12月7日分のテープでは、菅家さんは「本当にやっていないのなら構わない」とする元検事に問いに「やっていません」と涙ながらに「足利事件」を含むすべての事件を否認していた。

 午後からは森川元検事の証人尋問が行われる予定。

「何回言われても分かりません」涙をまじえ、否認を貫く菅家さん
「何ですか警察は怖いですしね」菅家さん自白の心境
「公平誠実に」最高裁判事に就任した白木勇氏が会見
感無量の音色響く…足利事件の菅家さんが故郷で除夜の鐘
足利事件、DNA型鑑定めぐり対立 予定を2時間超える

自衛官、大麻所持で逮捕=「自分で使用するため」−沖縄県警(時事通信)
<原爆ドーム>被爆前の姿再現 日米の映像チームが共同作業(毎日新聞)
高齢者宅に5時間居座り、効能偽り温灸器販売(読売新聞)
<小沢幹事長>「近々中に理解得られる状況作る」(毎日新聞)
自民・谷垣総裁、片山元総務相の公認に「慎重」(産経新聞)
posted by マサキ ヨシハル at 03:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。